北海道の蟹が人気も実力も高くランキングでも断トツの一位です

蟹の捕獲量の1位は当然北海道で全体の2割になります

しゃぶしゃぶにしても鍋にしても美味しい蟹を食べたいと思ったら、まずかなりの高い確率で思い浮かぶ産地は北海道なのではないでしょうか。

実際に捕獲量の占める割合は20%となっていて、続いてが島根と神戸になります。

ズワイ、タラバ、毛ガニと種類がありますが、どれもやはり一位を断トツで独占しています。

しかし、高級な有名ブランドの松葉は島根県の特産品となっていますので、これは一般的ではなく例外となっています。 しかし、そうなるとこれは産地によってどの種類が美味しいかは当然異なりますが、中国地方も北海道に負けじと良いものを随時提供しています。

そして来年あたりからロシア産の蟹が一気に値上がりをするという事が、ここでは予想されています。

そうなってくると国産の商品も希少価値が高まりもしかしたら、なかなか頻繁には食べることができなくなってしまうかもしれません。

インターネット通販でも食べれるうちに注文しておこうと問い合わせが殺到する事があります。 今後も展開が予想されます。

品切れなどの恐れもありますので、それを踏まえてみると早い段階で申し込みは最初に済ませておきましょう。

しゃぶしゃぶでテレビでグルメレポーターがやっているような長い脚を一本丸々食べたいという方にはどうでしょうか。 この質は変わらずに値段が下がる北海道の蟹の訳あり商品がおすすめです。

以上を結果として踏まえると家族や親戚などが集まる場合は年配や高齢者のために、このような最高級の毛ガニをチョイスしましょう。

これらを子どもたちのためにズワイやタラバの足のむき身パックを注文するなどで食べた人のほとんど全員が満足のいくグルメとなるでしょう。

漁港から産地直送の新鮮な北海道の蟹を美味しく贅沢に食べる方法

目的ごとに種類を選ぶことが重要

新鮮な北海道の蟹を食べるのならどの種類でも特別大差はないと考えている方も少なくありません。

調理方法も含めてせっかく大自然の中で力強く育った網走や釧路、稚内の活きのいい旬を頂くのなら徹底したほうが、これは美味しく堪能できるでしょう。

まず、しゃぶしゃぶとして召し上がりたい場合はタラバやズワイが良いでしょう。

大きなLサイズの長い足にむしゃぶりつくことができますので、これは特に訳あり商品などでも気にしないという方は、足だけの注文もお値段も思っている以上にずっと安くお得な買い物をすることができます。

最終的には、締めで米を入れて雑炊やラーメンにして美味しく北海道の蟹を堪能する事ができますし、余った場合などでもカニチャーハンなどにもできるので多めに注文をしても損をしてしまうという事はあります。

丸々一匹を頼んでしまうと、皮を剥くのに集中してしまって家族団欒が楽しめないというケースはよくあります。

またお子様がいる場合などはやはりむき身となっている方が手間や時間を省けていいのかもしれません。

ロシア産の蟹の輸入が難しくなり北海道産が高値になる

高級毛ガニや安心度を求めるなら国産

近年、漁業業界を騒がせているのがロシアの蟹の違法操業です。

これによって日本の捕獲量が減少する事や税関を通すのが以前より難しくなることから全体的に値上がりしてしまう事が予想されています。

基本的に最も多く食べられるのはやはり年末年始の寒い時期ですが、年に一度は鍋なりしゃぶしゃぶなり食べておきたいという方も価格の高騰でありつけない可能性もゼロではないのです。

また北海道産の安全性や安心度はやはり高いと言えます。

函館や釧路などの漁港で旅館や高級料亭などに卸売りをしている業者などでもインターネット通販で購入する事ができます。

もちろん蟹みそまで堪能したいという方は形を残した豪華な一匹買いも良いです。 一般家庭などではやはりむき身となっている方が便利という声も非常に多いです。

特に何度か注文されているリピーターさんの中では北国北海道のタラバやズワイの足だけのパックは非常に評価が高くなります。 訳あり商品は他では考えられないくらいのクオリティーが驚くべき価格で販売されています。

産地にはあまり拘らないという方も一度食べてしまったらやみつきになってしまう美味しさと新鮮さが絶大なる魅力です。