かにしゃぶは本来のを味わえる

ズワイガニがかにしゃぶにはおすすめ

色々ありますが、本来の味と独特の食感を楽しみたい場合は、かにしゃぶがおすすめです。

本来持っているプリプリの歯ごたえと濃厚な風味を、堪能できます。

そして芋焼酎やきりっと冷やした辛口の純米酒なんかがおともにあると、最高です。

この贅沢さはお歳暮にも最適ですので、高額ということで、なかなか自分では手が出ない、と思っていてもよくありませんし、これがお歳暮で贈られたらとても嬉しい食材です。

以上を踏まえるとぜひ一度、高品質なズワイガニをお歳暮の贈り物にしてみましょう。

一年間お世話になったあの人に今までとは異なるご恩返しをしてみましょう。


ところでお客様の皆さんは、お歳暮に贈るかにしゃぶの作り方をご存知でしょうか?

ここで実際にご紹介しますので、ぜひご自分で挑戦して作るなりしましょう。 これは実際は近所のお友達に教えてあげるなり密接な意味のあるコミュニケーションを前向きにしてあげてみてください。

  1. まずはとにもかくにも昆布で出汁をとります。 2〜3時間水につけておいた昆布を鍋にいれます。 火にかけたら沸騰する直前に昆布を取りだします。
  2. 次に鰹だし、薄口しょう油、みりんを入れて火にかけます。
  3. 冷凍の商品はビニール袋に入れて5分〜20分くらい流水につけておき、半解凍状態にしておきます。 部分的に凍っているところが少し残っているくらいがいいでしょう。
  4. そしていよいよ、「かにしゃぶ」します。 だいたい熱湯だと4秒くらいでレアな状態なので、あとは各自お好みで調節して引き上げます。 お歳暮用のズワイガニなら早めに上げるのがおすすめです。 ひきあげたかには何も付けずに食べても十分おいしいのですが、浅葱やもみじおろしなどをくわえたポン酢につけてもかなりおいしいです。
  5. 何回かくぐらせると、出汁が鍋の中に充満しますので、そしたら今度は野菜です。 ここでは葉物の野菜(春菊、白菜、葱など)はもちろんのこと、きのこ類(しいたけ、えのきだけ、まいたけなど)や、しらたき、大根やニンジンなども入れます。 豆腐もおいしいです。絹ごし、木綿、どちらでもお好みで選んで入れてみてください。 かに風味の豆腐もおつなものです。
  6. かにしゃぶのしめはやはり「雑炊」です。 たっぷりと染みた出汁の中にご飯入れ、煮立ったら火を止めます。 とき卵を入れてふわっと混ぜ込み、小口ネギをちらして完成です。 お好みで色々な薬味やポン酢を入れてお楽しみください。

贅沢を堪能できるズワイガニをお歳暮に

高品質なズワイガニで最高のかにしゃぶを味わっていただく

かにしゃぶをするのでしたら、使うのは「ズワイガニ」がおすすめです。

とても甘みが強く、よく身がつまっていて歯ごたえがあり、かにしゃぶにはうってつけです。

それに比べるとタラバガニは少々大味ぎみで、素材としてはあまり向いていません。

さらに「むき身」になっている素材を用意するようにしましょう。

殻付きで湯に直接通すかにしゃぶですので、むき身になっているほうが断然、簡単にできていいのです。

自分でむき身にしようとするとけっこう手間がかかります。

そして、ズワイガニを選ぶときに重要なのが、脚の長さ。

脚は短いより長いほうが食べやすく、食べ応えがあるのがかにしゃぶなのです

しかし、こうした条件にぴったり合う逸品を探して買ってくるのも面倒なものです。

そこでおすすめしたいのが、「かに本舗」の「かにしゃぶセット」です。

お勧めの理由として、とても新鮮なうちに急速冷凍したものを使用。

しかもむき身になっていますので、お歳暮には最適です。

もしあまっても、どんな料理にも合いますので、安心です。

お歳暮にするには値段もお手頃なので、提携サイトでは社長や店長が現地に直接足を運んで買い付けしているので、高品質なものを安く仕入れているのです。

かにしゃぶをするときには素材の善し悪しが肝心ですので、高品質かどうかは重要です。

そのうえ、業界では最大級の取扱量をほこっているから、安く手に入ります。

良質の本当のこだわりのある「かにしゃぶ」はお歳暮にとってもおすすめです。

凝縮された本場のうまみを堪能できることは評価を見ても堅調は間違いなしです。