水炊きでさっぱりと関西風かに鍋(かにすき)お取り寄せ

関西のかに鍋のポイントは「くずきり」

かに鍋というと、昆布と水を煮た中にカニと白菜などの淡白な野菜を入れます。

これをポン酢に付けて食べる種類と、出汁にみりんや醤油をプラスした中にさまざまな具を入れていただく方法があります。

関西のほうだと、ポン酢に付けていただく水炊きのような鍋のほうが好まれているようです。

よく「かにすき」と呼ばれているお取り寄せですが、ここで使うのにおすすめは、ズワイガニです。タラバでもいいのですが、これは少々大味なのです。

初めに昆布を煮て、煮たってしまう前に昆布を引き上げ、ブクブクと沸騰してきたらカニと野菜を切ったものを順番に入れます。

このときにお好みでお酒を入れてもいいでしょう。

入れる具は、一番に忘れてはならないのが白菜です。

あとはお好みですが、菊菜や白ネギ、王道のしいたけやえのきだけなどのきのこ類をここに入れてもおいしいです。

かに鍋のお取り寄せセットなら簡単に手軽に作れるので便利です。

これに豆腐を加えるとまた一味プラスされていいかんじ。

あとここで面白い食材が登場しますが、これが、なんとそれは所謂、「くずきり」です。

この「くずきり」を入れるととてもおいしいらしいのです。

これは関東の方々には初耳のかたも多いのではないでしょうか。

この関西のかにすきにはポン酢は欠かせませんので、そして付け汁にはポン酢を用意し、これは薬味には刻んだネギやもみじおろしを上手く使うといいでしょう。

そして最後に忘れてはならないのが雑炊です。

メインのご飯や卵、塩などを入れて煮ます。

そして最後に味のりをふりかけると風味が増して食欲もかなり増進します。

このようにアンケートではご飯がパラパラなままにするために、雑炊を煮ている最中は我慢して混ぜないようにしましょう。

関東風のかに鍋(かにすき)は濃いめの鰹だし

ヘルシーなかに鍋。味付けは醤油でも、味噌でも

昆布出汁で水炊きのようにしてポン酢であっさり食べる関西風に対してです。 一般的には関東では鰹出汁とみりんや醤油をベースにした、わりあい「濃いめ」の、お取り寄せセットのほうが好まれるようです。

これは関東の水が関西の水よりも硬いのが理由といわれています。

関東の水は硬水なので、煮るとエグみがでるというのです。

このエグみで、昆布出汁だとにごってしまうのです。

かにすきの作り方は基本的にお取り寄せの箱に、これは記載されてます。

鰹の一番だし(二番だしでもよい)にみりんや醤油、酒などの調味料を入れて煮だし、その中に美味しいカニと、白菜や春菊などの野菜や豆腐、きのこ類を入れるだけです。

ここに味噌を入れると濃厚なおいしさになります。

その場合は、野菜にもやしやニンジン、新鮮なキャベツや玉ねぎ、じゃがいもなど(つまり、味噌ラーメンによく入っているような具材です)もくわえてもいいです。

それからカニみそやバターをくわえると、さらに贅沢なおいしさになります。

ニンジンやじゃがいもなどの固い野菜はあらかじめ電子レンジでチンしておくと鍋に入れてからすぐに食べられます。

バターは風あじ付けとして、最後にくわえます。

かにすきの締めは濃厚なラーメンにしてもいいです。

柚子の皮を小さく刻んだものをふりかけてもおいしい。

関東ではお取り寄せセットでかにすきにすることは少ないかもしれません。

おろし生姜や粉山椒、ゆず胡椒などもプラスしてみると様々なおいしさが楽しめると思います。

関東風も関西風も、かに鍋を作るときのポイントは、ハサミで殻に切りこみを入れること、そして最後はご飯を入れて雑炊にすること、などです。

それから、煮過ぎると硬くパサパサになってしまうおそれがありますから、何回かに細かくわけて鍋に入れるのがベターです。

アツアツのかにすきは体も内臓も温めてくれるので、消化の良い食べ物です。

おまけに高タンパク低カロリー、低脂質でとてもヘルシーな食べ物。

イライラを緩和し、骨作りに役だってくれるカルシウムはたくさん入っているし、アスタキサンチンという、身の赤い部分に含まれている色素には、免疫力を高める効果があります。

ナイアシン、鉄分、亜鉛や銅が含まれています。

さらに、肝機能を強くしたり血中のコレステロールを抑制してくれる働きのあるタウリンも豊富です。

カロリーはお肉類に比べて非常に低い食材ですし、野菜も豆腐もいっしょに食べられ、体をぽかぽかと温めてくれるかにすきはとってもヘルシーな有意義なお取り寄せなのです。